スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

椎名林檎

ringo.jpg

何気なく聞いていたラジオから流れてきた曲(歌舞伎町の女王)に衝撃を受けた高校生の頃。
なので、10年以上ずっと聴き続きているわけです。

今でも車の中で『無罪モラトリアム』を聴きますが、まったく古びがありません。きっと10年後も古びないことでしょう。
それは、未だにテレビでYMOの曲が未来をイメージする映像に使われるのと同じなのでしょう。
古びないことが良いことか、悪いことかなんて、二元論で済む話ではないのですが、椎名林檎に関してはずっと好きでいるのではないかと思っています。


思い出すのは一人暮らし時代。
学生アパートで、隣の部屋(男)からはパラパラかモーニング娘が聞こえ、逆の隣の部屋(女)からはラルクアンシエルが聞こえ、僕はヘッドホンをつけ、椎名林檎を聴いていました。



ミュージシャンが続くのは、手元にロッキングオンジャパンがあるからだと思います。

スポーツスポーツ
(2010/02/24)
東京事変

商品詳細を見る


コメント

Secret

フリーエリア


↑をクリックしていただけるとモチベーションが上がります。

よろしくお願いします。
プロフィール

カル

Author:カル


たくさんの好きなものがあり、たくさんの嫌いなものがあります。

当サイトにも似ている人と似てない人がいます。
その辺はご容赦ください。


ご感想やリクエストがありましたら、お気軽にコメント欄に書きこんでくださいませ。


mail:qulqulq☆gmail.com
☆を@に。

リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。